Department of Electrical and Electronic Information Engineering

Character size
Search

GAC第1期生の電気・電子情報工学専攻 博士前期課程2年 川上千夏さん、富永凌也さん、吉原優紀さんが「グローバルリーダー賞」を受賞しました。

Home › GAC第1期生の電気・電子情報工学専攻 博士前期課程2年 川上千夏さん、富永凌也さん、吉原優紀さんが「グローバルリーダー賞」を受賞しました。

GAC第1期生の電気・電子情報工学専攻 博士前期課程2年 川上千夏さん、富永凌也さん、吉原優紀さんが「グローバルリーダー賞」を受賞しました。

2021年04月08日

学部から博士前期課程までの一貫教育コースで、グローバルに活躍する技術者・研究者を養成する、【グローバル技術科学アーキテクト養成コース(GAC)】の第一期生が、このたびコースを修了し、3月23日の大学院修了式において、コース修了の認定証を授与されました。

 また、一期生のうち、電気・電子情報工学専攻 博士前期課程2年 川上千夏さん、富永凌也さん、吉原優紀さんを含む5名が、「グローバルリーダー賞」を受賞し、同日、表彰式が行われました。この賞は、学内・地域・海外での活動で率先してリーダーシップを発揮し、本学のグローバル化推進に貢献した学生を表彰するものです。今回受賞した5名は、2017年の入学以来、GAC第一期生として、コース生の居住するTUTグローバルハウスでの様々な活動を先導し、後輩の指導にあたった他、研究や課外活動などの分野においても顕著な活躍をしてきたことが評価されました。
 表彰式では、角田理事・副学長(スーパーグローバル大学創成事業推進本部長)から賞状と記念品が授与されました。続いて行われた懇談では、各自がGAC立ち上げ期の苦労を懐かしみ、修了後も一期生としての経験を生かしていくことを誓いました。

 「グローバルコミュニケーション能力」「多様な価値観の中での課題解決能力」「世界に通用する人間力」の3つのスキルを身につけ巣立っていくGAC修了生の、今後の活躍に期待しています。

https://www.tut.ac.jp/images/210407hyosyo2.jpg